2007年12月30日

家を借りるには・・・

先日、不動産会社に行った時の事、入り口で不動産情報のチラシを見ていると3人の中国人の男の子達が店の中に入っていった。
私は暫く外でチラシを見ていて少ししてから店内に入ると、さっきの中国人達が受付で何やら揉めていたどんっ(衝撃)

私は後ろで順番待ちをしていたが、段々と受付の人も中国人も白熱してきてお互いに声を張上げての言い合いになってきた。
何となく聞こえて来た内容から、3人の中国人は賃貸の申し込みをしたらしいが、保証人を誰も立てられず申し込みを受け付けて貰えない事に怒ってちっ(怒った顔)抗議をしていた様だった。

こっちで家家を借りる時は入居する人全員が申込書を記入して、今の勤務先、前の勤務先、現在の住所、前の入居場所の住所、賃貸会社等を書き込み、保証人も2〜3人必要になる。
申し込みをした時点で全てが記入されていて、記入されてる仕事先や不動産会社、保証人等に人物照会が取れれば審査が通るんだろうと思う。
しかし保証人が居なければ審査をしてもらう事すら出来ない。



続きを読む前に、今日も応援クリックお願いします!
banner_04.gif
80-15-1.gif
ブログランキング
にほんブログ村 海
外生活ブログへ

受付の女性は「誰でもいいから保証人を書いて申込書を持ってきなさい。そうじゃなければ、審査する事すら出来ませんと前にも言ったでしょう?」と言っている。
中国人達は「自分達は学生だし、こっちに来たばかりでオージーの知り合いも居ないから保証人なんて立てられない!」と文句を言っている。
すると受付の女性が「学校に行ってるなら、学校の先生や友達が居るでしょう?誰でもいいから取り敢えず3人保証人を書いてきて下さい!」
中国人「先生でもいいのか?」
受付「オーストラリアに住んでる人なら誰でも良いといってるでしょ?」
中国人「でも先生は1人しか知らないし、他の友達も英語を習いに行ってるので英語が余り分からない。」
受付「誰でもいいから取り敢えず3人保証人を書いて来なさい。」
という様なやり取りが暫く交わされ、やっと中国人達も納得して帰っていった。

後ろで聞いていた私はちょっとウンザリ・・・
こっちに来たばかりでオージーの知り合いも居ないだろうし、保証人等立てられないだろうから中国人の言う事も分からないでもない。
でもそれが決まりなのだから受付の人に文句を言った所でどうする事も出来ないだろうし、3人してサングラスをかけて大声張上げて女性の受付の人に凄んで脅してどうするんだろう?
受付の女性もオージーなのでさすがにそんな事には怯まず、遣りあっていたけれど・・・

それに保証人が立てられないのなら、家家を借りるんじゃなくてシェアハウスを探すという方法もあるのにな〜。
しかも、もし彼らが保証人を3人書いてきて申し込みをしたとして、何度も受付に理不尽な文句を言いに来てる様な人達が、審査が通るとも思えないんだけれども・・・

異国で外国人が家を借りるのは、何処の国でも難しい様ですね〜。
posted by おねえ at 01:35| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75395932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。