2007年07月21日

危険な中国製品



これで本当に改善されていくかどうかは疑問ですよね〜。
何年にも渡って続けられていた事だし、プラス深刻ながく〜(落胆した顔)環境汚染。(以前に"海外に住んでも英語は喋れない!"を書いてるCherryさんのブログから発見した画像です→ここ見て下さい)

中国人の友達が中国製品は信用出来ないと断言している。
中国製の粉ミルクはかなり問題らしい。
それを飲んだ子供は頭が大きくなる等の奇形が発生していると言っていた。
その為、ある程度お金を持っている中国人は中国製の粉ミルクは買わず、アメリカ製の粉ミルクを高いお金を払っても買うそうだ。

つい先日もダンボールを混ぜて肉まんを作っていたとTVで放送された後に、あれはヤラセだったと言っているが、本当にヤラセだったのかどうかも疑問だわたらーっ(汗)

アメリカでは中国製品に対する不信感が噴出。
企業側も中国製品は使ってない事をアピールする為、「China Free」と書かれたシールを貼っているとの事。

こんな危険な国でオリンピックを開催してもいいんでしょうかね〜?
選手の方に健康被害等が無ければ、いいんだけれどふらふら・・・と心配です。

それに最近は円安のせいで近場の中国に海外旅行する方が増えているみたいですけど、旅行者の方も気を付けて下さいね。



今日も応援クリックお願いします!
banner_04.gif
80-15-1.gif
ブログランキング
にほんブログ村 海
外生活ブログへ
posted by おねえ at 14:39| ブリスベン | Comment(2) | TrackBack(1) | ローカルニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
CHINA EREEで検索して参りました。

中国人が一番実害を被ってるはずですよね。
内圧と外圧で、なんとか体質改善していってほしいです。
オーストラリアで暮らしておられるのですね。
自給率が高いように伺っています。
食の安全への意識も高いですし、うらやましいです。

記事にもしていますので
もしよろしければお読みいただけたら
嬉しいです。
Posted by なる@ at 2007年07月23日 19:41
初めまして。 コメントありがとうございます。 確かに、オーストラリアは日本より自給率が高いかと思いますが、日本食を食べたいと思うと、残念な事に手に入る食材は中国産とかが多いんですよね〜。 ごぼうやレンコン等の野菜は冷凍でしか手に入らないですし、そういうのは大概中国産とかになってしまう・・・ 日本メーカーのラーメンとかもこっちではなぜか中国で製造されたのしか売ってないですし。 こちらでも、中国製品を避けて生活するのは中々難しいですね。
Posted by おねえ at 2007年07月24日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 粉ミルク粉ミルク(こなミルク)は、出産から離乳期までの赤ちゃんの育児用の粉末ミルク。乳製品の一つ。単に「ミルク」というと、この育児用の粉ミルクのイメージが強い。原料としては牛乳を主体に、ビタミンやミネ..
Weblog: 子供の遊び・文学いろいろ
Tracked: 2007-09-30 17:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。